読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とグルメと地図日和~梅の実学園・愛 LOVE ルポ!~

国内の旅日記からグルメ、路線図、手作り地図を紹介します。

香川・高松うどんの旅(その1)

ぼた吉の旅日記

おはようございます!旅のルポライター(自称)・ぼた吉(いのしし・♂3歳)です。

久々の「ぼた吉の旅日記」。今回は初の四国エリアです!!

 

今回の旅は「香川・高松うどんの旅」です。

お供をしてくれるのは東京のメンバーで、香川出身の美香子さん(26歳・アナウンサー)と、ともに新メンバーの一日(小5)と蓉子(高2)です。

f:id:umenomi-gakuen:20140613203344j:plain

東京から岡山までは夜行バスで。朝までお休み…(-_-)zzz

 

朝に岡山から高松まで電車です。

そして、高松に到着しました!

f:id:umenomi-gakuen:20140611173608j:plain

そして、もう1人のお供と待ち合わせ。

「ぼた吉!」

やってきたのは香川メンバーの禎治(中1)です。

f:id:umenomi-gakuen:20140613203420j:plain

禎治「いらっしゃい!香川へようこそ。」

一日「はじめまして。こちらこそよろしくお願いします。」

美香子「うわ~久しぶり~。故郷はいいねぇ~。」

ぼた吉「うどんが楽しみだね。」

と、駅を見ると、看板が。

f:id:umenomi-gakuen:20140611173914j:plain

禎治「高松駅は「さぬきうどん駅」という駅名が命名されたんだ。香川は「うどん県」だからね。」

一日「そうなんですか。」

ここ香川は「うどん県」という、県名が付けられ、高松駅は「さぬきうどん駅」という駅名が付けられたんだ。

香川では県内のあちこちにうどん屋さんがいっぱいあるんだ。うどんは香川では名物料理なんだよ。

 

朝から何も食べてなかったので、まずは1件目のうどん屋さんで腹ごしらえ。

禎治「まずは駅の近くにあるあの店にしましょう!」

f:id:umenomi-gakuen:20140611174618j:plain

高松駅にある立ち食いうどん店高松駅連絡船うどん店」へ。

晴れた日にはテラス席があるよ。

中へ入ると立ち食いのカウンターで、食べるときはまずは食券を購入するんだ。

食券を買った後に注文。すぐにできあがるよ。

f:id:umenomi-gakuen:20140611174854j:plain

かけうどん。280円なり。

蓉子「おいしい!だしが薄味ですが、すごくうどんとも合ってておいしいです。」

美香子「コシもいいですし、シンプルでおいしいです。」

食券の隣のカウンターには天ぷらやおにぎりがあるし(うどんと同様、食券を買ってから好きなおにぎりや天ぷらをとる)、別のカウンターの後ろには駅のホームがあって、駅を降りる前に食べるのも◎。

(SPECIAL THANKS!)

高松駅連絡船うどん店*

〒760-0011

高松市浜ノ町1-20 高松駅舎内

(Tel)087-851-2213

(営業時間)7:15~21:00

(定休日)無休

 

店を出ると、いろいろなオブジェを見つけたよ。

f:id:umenomi-gakuen:20140611181344j:plain

禎治「これは親切な青鬼くんというキャラクターの像。」

ぼくと一日らはここで記念撮影。

f:id:umenomi-gakuen:20140611181509j:plain

蓉子「空気がいいですね。」

美香子「都会とは違うからね。やっぱり落ち着く。」

f:id:umenomi-gakuen:20140611181627j:plain

禎治「あれがサンポート高松で、比較的新しいビルなんだ。」

一日「展望台はあるんですか?」

禎治「展望台はないんだけど、飲食店が多いかな?最上階にはレストランがあって、夜景がきれいなんだ。」

ぼた吉「そうなんだ。カップルにはいいね。」

 

そのあと、バスに乗って高松の郊外へ。

着いた後は運動を兼ねて歩きます。

f:id:umenomi-gakuen:20140611212053j:plain

美香子「たくさんうどんを食べるからね。運動はしないと。」

一日「すごい長い…。」

北へ行くと大きな信号。ただ、歩行者用の横断歩道がないので、地下道へ。

地下道でも歩く歩く。

歩いてからしばらくして、2件目のうどん店を発見!

f:id:umenomi-gakuen:20140611212530j:plain

珍しい黄色の壁のこのお店。2件目は「大島家」へ。

f:id:umenomi-gakuen:20140611212601j:plain

一日「わかめうどんだって。」

禎治「ここのわかめうどんは普通のうどんにわかめをトッピングしたのではなく、めんにはじめからわかめを練り込んだんだ。」

ここのお店ではわかめをめんに練りこんだ独自の製法で作られているんだ。

f:id:umenomi-gakuen:20140611213014j:plain

ぶっかけうどん。緑色がわかめうどん、この日は白いうどんに緑色の粒があるのが隈笹(くまざさ)のうどん。この2色のうどんと濃いめのだしと具と一緒に。450円なり。

一日「うまい!見た目もびっくりしたけど、のど越しもよくてうまいです!」

ぼた吉「だしもうまいし、2色のめんのコントラストもイケる!」

f:id:umenomi-gakuen:20140611213613j:plain

サイドメニューにおでん(各100円。牛すじは120円)もチョイス。写真は大根と串に刺したはんぺん。

蓉子「意外と味が薄味ですね。からしをつけたらおいしいです。」

禎治「おでんもうどんのだしで作られているんですよ。」

一日「へ~つそうなんだ。知らなかったです。」

サイドメニューは他にもおにぎりなどがあったよ。

ランチセットもあり、ガッツリ食べたい時にもおすすめ。夜は居酒屋に変わるよ。

店内にはわかめうどんなどのおみやげもあるよ。うどんはわかめうどんのほかに紅いもや竹炭を使った黒いうどんなど、ラインナップも豊富。

(SPECIAL THANKS!)

*わかめうどん 大島家*

〒760-0079

高松市松縄町313-1

(Tel)087-865-2524

(URL)http://www.netwave.or.jp/~kanehara/

(営業時間)(ランチ)11:00~14:30、(居酒屋)18:00~23:00

(定休日)木曜(居酒屋は水曜)

 

そして20分歩いたところで、製菓材料店の「クオカ」へ。

f:id:umenomi-gakuen:20140611215010j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20140611215031j:plain

このお店は東京にもあるんだけど、東京以外でお店があるのはここだけ。

ここではパンやお菓子作りに使う材料や道具を専門的に扱うよ。珍しい食材もここにはあるんだ。

「梅の実」の他のメンバーたちに頼まれて、お菓子の材料を買ってきたよ。

(SPECIAL THANKS!)

*クオカ 高松店*

〒760-0080

高松市木太町5089-6

(Tel)087-815-3001

(URL)http://www.cuoca.com/

(営業時間)10:00~19:00

(定休日)無休(年末年始休)

 

このあとは次のうどん店へ。

ですが、この続きは次回お送りします。

 

(つづく)

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してね!

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ