読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅とグルメと地図日和~梅の実学園・愛 LOVE ルポ!~

国内の旅日記からグルメ、路線図、手作り地図を紹介します。

淡路島の旅~北淡から南あわじ市まで~(2日目)

おはようございます。旅のルポライター(自称)・ぼた吉(いのしし・♂3歳)です。

2日目の朝。

宿から見た景色を見ました。朝日がとてもきれいです。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140621j:plain

みじたくを済ませて、朝ごはんです。

この日の朝ごはんはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140704j:plain

ご飯にみそ汁、焼き魚、冷やっこ…とまさに和定食。

4人それぞれ朝ごはんの食べ方に個性が。

麻里(小5)はご飯の上に卵をのせ、しょうゆをかけて「卵かけご飯」の完成~(*^。^*)

初(大学4年)は板わさ(かまぼことわさびの刺身風の料理)がお気に入り。

あずさ(高1)はふだんはパン食が多いので、ご飯食はめったに食べないそう。でも今日は全部完食しちゃいました(*^_^*)

ぼくは白いご飯が大好きなので、3杯はおかわりしました!

 

宿を出た後、今日最初の目的地、北淡へGO!!

まずは「梅の実」のみんなのおみやげを買いに、「たこせんべいの里」へ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140752j:plain

ここではいろいろな種類のたこせんべいが試食できるよ。お気に入りのものが見つかったら、買っちゃお!

買い物に疲れたら、ちょっと一息。コーヒー・お茶が無料で飲めるよ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140334j:plain

ぼくと麻里はたこせんべいを試食しまくり!

麻里「おいしいね。」

ぼた吉「いろいろあって迷っちゃうね。」

初とあずさはコーヒーを飲みながらおしゃべり。ちょっとラブラブモードですね(*^。^*)

この他、たこせんべいなどの商品の製造工程を見ることができる「工場見学」がありますが、この日はお休み。残念(>_<)

 

というわけで、買ったものを紹介するね。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140848j:plain

「たこうす焼」。一番オーソドックスなおせんべい。みんなのためにまとめ買いしました。

4人のイチ押しも買いました。

まずは麻里のイチ押しはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140922j:plain

「ソースせんべい」。たこせんべいにソース風味が味付けされたもの。

>夜店のソースせんべいみたいでおいしい。トラッキーこと正宗(とら・♂2歳)や明信(小4)らがコテコテの味が好きなので、買いました。(麻里)

あずさのイチ押しはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140946j:plain

「梅小花」。

>たこせんべいにほんのりと梅の味がしてて超おいしい。女性にはおすすめです。(あずさ)

初のイチ押しはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141008j:plain

「わさび小花」。たこせんべいにわさびのきいた大人の味。

>ビールやハイボールのおつまみにちょうどいい。自分の分とお酒を飲むメンバーや辛い物好きのメンバーに買いました。(初)

そしてぼくのイチ押しはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141036j:plain

「えびうす焼」。意外だけど、えびせんべいも販売しているよ。えびの味がしてておいしい。

(SPECIAL THANKS!)

*たこせんべいの里*

〒656-2163

兵庫県淡路市中田4155-1

(Tel)0799-60-2248

(FAX)0799-60-2258

(URL)http://www.takosato.co.jp/

(営業時間)9:00~17:00(無休。正月3が日は16:00まで。12月31日は正午まで。)

<アクセス方法>

(車)神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮IC

※地方発送も受け付けています。

(注文専用フリーダイアル)0120-55-7677

(注文専用FAX)0120-38-0058

(E-mail)info@takosato.co.jp

※商品のご注文・お支払等はフリーダイアルで確認するか上記ホームページをご覧ください。

 

たこせんべいの里の向かい側におみやげ屋さんがありましたが、ちょっとこんなものを見つけました。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141121j:plain

なんと、本物のしょうがを使ったジンジャーエール!!

f:id:umenomi-gakuen:20140528141145j:plain

淡路島は「びわ」が産地。ということで、「びわ茶」です。

 

次は「たこせんべいの里」から少し離れた場所にある「パルシェ」へ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141225j:plain

ここが温泉施設・パルシェ香りの湯。

まずはお風呂でしょう。

ここでは、本物のハーブが入った温泉が楽しめるよ。女子たちはすっかりリラックス~。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140404j:plain

温泉に入った後は、今日の昼食です。

パルシェ香りの湯内にあるレストランへ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141258j:plain

ステーキ丼(ハーブ入り)。淡路島は魚だけでなく、お肉も有名。「淡路牛」っていうブランドだよ。熱々のみそ汁、小鉢、漬物がついて、1,320円なり。

ハーブといっても、生のローズマリーをあしらっただけ。麻里は普通のステーキ丼(1,320円)をオーダー。他の3人は写真のハーブ入りをオーダー。

あずさ「久しぶりのお肉、超おいし~(*^。^*)」

 

次は、パルシェ香りの館へ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141431j:plain

ここでは自分だけのオリジナル香水(1,650円)やドライフラワーのリース作りなどが体験できたり、併設のレストランでフレンチやカフェも楽しめるよ。

この日はレストランでは貸切!!残念(>_<)

体験では待たなければならないことが多いので、あずさがあゆみ(高3)・あやか(中1)姉妹におみやげを買いたいとのことで、アロマキャンドルを買いました。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141553j:plain

特産館です。ここではおみやげがたくさん。

初は彼女のおみやげにオードトワレを買いました。

ぼくや麻里はいろいろ買ったけど、麻里はこれがお気に入り。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141622j:plain

「玉ねぎポテトチップス」。いろいろあるけど、味はコンソメパンチ。でも濃くておいし~(*^。^*)

ぼくはこれ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528141645j:plain

「玉ねぎドレッシング」。玉ねぎドレッシングはいろいろあるけど、パルシェ香りの館内のレストランのシェフが考案したドレッシング。もちろん、レストランでも使われているよ。

この他、玉ねぎなどの野菜やハーブなどの苗の販売や、めずらしい「ラベンダーソフト」もあるよ。

 

パルシェのガイドはこちら!

f:id:umenomi-gakuen:20140528140429j:plain

(SPECIAL THANKS!)

*パルシェ*

〒656-1501

兵庫県淡路市尾崎3025-1

(URL)http://www.parchez.or.jp/

(定休日)第1火曜日(祝日の場合は営業。1・5・8月は無休。12・2月は第1火・水曜日が定休日)

<パルシェ香りの湯>

(Tel)0799-85-1126

(FAX)0799-85-2626

(入浴料)大人:700円 子ども(3歳~小学生):400円

(営業時間)11:00~22:00(受付は21:00まで)

(温泉について)

温泉:一宮温泉(美人の湯とも呼ばれています。)

泉質:炭酸水素(重曹)イオン、ラドンを含む弱アルカリ性温泉

効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・痔疾・慢性消化器病・冷え性・運動麻痺・関節のこわばり・くじき・病後回復期・疲労回復・健康増進など

<和食処かおり(パルシェ香りの湯内)>

(営業時間)11:00~21:00(20:00LO)

<研修保養館(パルシェ香りの湯内)>

(宿泊料)1泊2食付:10,260円~(和室で大人3人の場合)

<パルシェ香りの館>

(Tel)0799-85-1162

(FAX)0799-85-1163

(営業時間)9:00~17:00(体験受付は9:00~16:30まで) 入館無料。

<レストラン・ベルレーヌ(パルシェ香りの館内)>

(営業時間)11:30~17:00(土日祝は10:30~20:00)

<特産館>

(営業時間)9:00~18:00(冬季は17:00まで)

<アクセス方法>

(車)神戸淡路鳴門自動車道 津名一宮ICから15分

 

そして最後のスポット、「北淡震災記念公園」へ。

車で向かうと、麻里が、

麻里「あれ何?」

f:id:umenomi-gakuen:20140528141907j:plain

ぼた吉「あれは風力発電所さ。電気は火力発電や原子力発電だけでなく、風力発電などもあるんだ。」

麻里「風車みたいだね。」

初「着いたよ。」

3人「はーい!」

この公園のメインは「野島断層」。この野島断層を保存している施設へお邪魔したよ。

野島断層とは、1995年1月17日。あの「阪神・淡路大震災兵庫県南部地震とも言う)」の震源地。

マグニチュード(M)7.3、最大震度7、死者6434人というかつて戦後最大の被害をもたらしました。

f:id:umenomi-gakuen:20140528142003j:plain

全部はお見せできないけど、その一部を紹介します。

f:id:umenomi-gakuen:20140528142057j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20140528142129j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20140528142203j:plain

全員「…。」

あずさ「兵庫の震災って、こんなにすさまじいものだったんだね。「東日本大震災」のことを思うと胸が痛む…。」

 

2011年3月11日、「東日本大震災」が発生しました。

ぼくと初は東京にいたので、地震の揺れにショックを受けました。

津波に工場等の火災、交通網の大混乱…と兵庫の震災よりも大規模な被害に遭いました。

あずさは東京に住む姉と妹、両親の安否確認をずっとしました。

一番壊滅的な被害に遭った東北は多くの死者と生活を奪われました。

今は復興に向けてがんばっています。まだまだ時間はかかりますが、絶対に復興することを信じて。

 

実際に震災が起こった状態を再現したものや映像・写真で見ても、震災の恐ろしさを痛感します。

この他、震災の語り部や震災を体験するコーナーもあります。

 

公園周辺を散策したよ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528142310j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20140528142331j:plain

阪神・淡路大震災」で亡くなった方の名前が刻んだ場所。みんなで合掌しました。

 

このあと、セミナーハウスへ。防災に関する資料がそろっているよ。

f:id:umenomi-gakuen:20140528142356j:plain

そして、休憩タイム!

物産館内にあるイートインコーナーへ。ここでしか味わえない「びわソフト」を堪能しました(*^。^*)

f:id:umenomi-gakuen:20140528142418j:plain

「びわソフト」。300円なり(注:消費税増税で改定あり)。

あずさ「おいし~(*^。^*) さっぱりしてて。」

ぼた吉「これはうまい!アイスクリンのような懐かしい味。いくつでも食べられる。」

麻里「初さん、どうしたの?」

初「…ちょっと食べていい?」

麻里「いいよ。」

と、甘いものが苦手な初がびわソフトをパクリ。

初「…うまい。全然甘くなくて。」

麻里「でしょう?超おいし(*^。^*)」

初「オレも買ってこよ♪」

なんと!初がびわソフトのおいしさに感動して、買ってきちゃった!

初、甘いもの克服したみたい…。

このあと、おみやげ物を買いました。

 

北淡震災記念公園のガイドはこちら!

f:id:umenomi-gakuen:20140528140511j:plain

(SPECIAL THANKS!)

*北淡震災記念公園~フェニックスパーク~*

〒656-1736

兵庫県淡路市小倉177

(Tel)0799-82-3020

(FAX)0799-82-3027

(URL)http://www.nojima-danso.co.jp/

<入園料(野島断層保存館)>

大人:700円(団体:630円)

中学生・高校生(13~18歳未満):300円(団体:270円)

小学生:250円(団体:220円)

※団体は30名様以上

障がい者割引あり(要手帳提示)

東日本大震災被災地(宮城・岩手・福島)の方の入館料減免あり(要身分証明書提示)

(営業時間)9:00~17:00(無休。ただし、季節により変更あり。イベント食事の場合は時間が異なる。)

<アクセス方法>

(車)神戸淡路鳴門自動車道 北淡IC

 

そして最後にみんなで記念撮影。

f:id:umenomi-gakuen:20140528140541j:plain

帰りは車で麻里・あずさを家まで送り、ぼくと初は大阪のホテルで一泊して東京へ帰りました。

今回の旅は有意義な時間を過ごしました。みんな、おつかれさまでした(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ